鳥獣保護法に注意|ねずみ駆除業者のスゴテク!ねずみを一匹残らず退治してくれる

ねずみ駆除業者のスゴテク!ねずみを一匹残らず退治してくれる

鳥獣保護法に注意

女の人

家や健康被害が甚大

日本の家屋は木造建築がほとんどです。そのため築年数が長くなると老朽化し、梅雨や台風などの被害により家に負荷がかかり傷む原因になります。築年数や災害以外にも、家を傷める原因となるのが害獣の被害です。野生の動物による害獣被害は、年々増加傾向にあります。本来の生息地である野山や森などが自然破壊や環境破壊により減少しつつあり、人間の住宅地に出没するようになっています。人間の住宅地には畑やゴミから出る食べ物も豊富にあるため、野生の動物にとっては住み心地のよい環境と言えます。近年問題になっている動物には、アライグマ・イタチ・ハクビシンなどがおり、ねずみの被害もあります。害獣駆除を行う場合は、駆除したい動物が鳥獣保護法で守られているかどうかの確認が大切です。

侵入経路を遮断する

害獣駆除をしようと思っても、意外とスムーズにいかないことがあります。特に鳥獣保護法により個人での害獣駆除ができないこともあり、そういう害獣に対しては市町村の役場や保健所への申請が必要になることもあります。害獣駆除は個人では行わず、専門の業者を依頼するほうが賢明です。アライグマなどは凶暴で攻撃性が高く、捕獲には時間がかかり怪我を伴います。またイタチなどの動物は、3センチ程度の小さな穴から侵入するために、素人では侵入経路を見つけることも難しい場合が多く、専門業者に任せた方がスムーズなことがあります。糞尿による家屋の痛みや、健康被害は甚大です。害獣駆除と同時に、家の柱や壁などの修繕や、糞尿の清掃・消毒も行う必要があります。